So-net無料ブログ作成

ジブリの絵職人・・・ [いろいろ]

今年2度目の、角館です。11月4日に角館町にある「平福美術館」に行って来ました。もう1ヶ月も前になりますが、どうかお付き合い下さい。

平福美術館で「ジブリの絵職人・男鹿和男展」が行われている事を、テレビの県内ニュースで見てから行きたいと思っていたのです。友人たちとは日程の都合がつかず、諦めかけていました。でも、どうしても行きたいと思い、最終日に車で出かけたのです。一人ですので、カーナビを頼りに出かけました。車で走る事、2時間。カーナビの支持通りに走ると、美術館に到着しました。よかったです^^

s-角館・美術館 003.jpg

続きをどうぞ


緑の森・・・ [季節]

白神山地のブナ林、夏の岳岱です。

白神山地は秋田、青森にまたがって、世界遺産に登録されていますが、秋田県側に『岳岱』というブナの原生林をがあります。岳岱(だけだい)は世界遺産地域内ではないのですが、自然観察教育林として12㌶にわたってブナの原生林が保存されています。
白神山地が世界自然遺産に登録されてからは、林道沿いにあることもあって、手軽に白神山地の原生的なブナ林の雰囲気を味わえるため、訪れる観光客がが年々増加して賑わっています。
岳岱は、ゆっくり歩いて1時間から1時間半ぐらいで周る事が出来ます。(先日行った藤駒はここを素通りして、更に奥へ30分ぐらいです。)岳岱を歩いていると、途中に冷たい湧き水が流れていて、喉を潤すことが出来ます。白神の冷たい水の美味しさは、最高です!

s-ブナ林 077.jpg  

続きをどうぞ


雪の花・・・ [季節]

2日前まで、全く降る気配もなかったんですが・・・一夜明けると。雪の花が一面に目の前に広がっています。全国的に、雪のニュースが流れていましたね。昨日の朝の初雪は、こんなでもなかったのです。夕べの天気予報では山沿いに大雪が、、、えっ、大雪が!なんて言ってましたが。寝る前は(午後11時45分)、全く見えなかった白いものが、朝起きるとこんな具合だったのです。うーー寒い~~~大雪と言う程ではなくて、一安心。今年の初雪の様子です"^_^"

s-初雪 008.jpg

近くにある木は枯れ木に花?・・・真っ白です!

続きを読む


秋の山・・・ [登山]

また季節が戻ってしまいますが、どうかお付き合い下さい。9月の末に、白神山地にある駒ケ岳・通称は藤駒(標高1157m)に登って来ました。
白神山地には、同じような高さの山が幾つかあるのですが・・・この日の朝地元紙で、小岳という山で「アケボノシュスラン」が見られたという記事が載っていたのです。それを見た私が行きたいというと、珍しく夫が承知してくれて行く事になったのですが。家を出たのが、予定より1時間遅れの午前9時半です。20分ほどの所に白神世界遺産センターがあるので、そこに入って道を確認する事に。すると、これからだと小岳は無理だと言われます。やっぱり藤駒だと、即決にされて。アケボノシュスランは幻の花になってしまいました。そこから1時間ほどで登山道に着くのですが、途中に渓谷などがあってダイモンジソウが道の両側に咲いて延々と続いています。

s-白神山地・藤駒 061.jpg s-白神山地・藤駒 060.jpg s-白神山地・藤駒 059.jpg

続きをどうぞ


秋晴れの下を・散策・・・ [季節]

ここ数日、日中はお天気の良い日が続いています。朝夕はとても冷え込んで、昨日と今日の朝は霜が降りて真っ白に。見ただけでぶるぶると来るような光景です。こんな日は、きまって朝陽が昇って霜を溶かしてくれます。とってもいい秋晴れになるんです。友人に用事があって電話すると、今から近くの公園に言って散策しようという事になりました。

周りの景色を眺めながら、歩き始めます。間もなく、もみじの木があるのですが・・・こんなに真っ赤に紅葉していました。

s-植樹、きみまち坂 006.jpg

続きをどうぞ


元祖・岩盤浴・・・ [旅]

日帰りの旅、終わりは玉川温泉です。「鶴の湯」からは1時間ぐらいだったと思います。早速日帰りの温泉浴場に、向かいました。大浴場は木の造りで、浴槽がいろいろあります。

源泉100㌫、50㌫の浴槽にまず入ってみました。仰向けに寝るとお湯がひたひたと流れている寝湯、頭をお湯に浸すようになっている浸頭湯。寝てみると気持ちがいいのですが、長く寝ているのは慣れないですね^^そして打たせ湯、蒸気湯というのもあって、頭だけが出るようになっている箱に入って座ると、中は蒸気が・・・ここは少し長く入っている事が出来ました。他に、個室があって中はスチームがもうもうと(サウナのようなスペース)。外にある露天風呂にも入って・・・来たのはもう数年前ですので・・・全部試してきました~。入ってみると、どれが自分にあっているのか分かった気がします。飲泉コーナーで飲んでみたのですが、そのまま飲むとけっこう強いので、水に少し入れてと・・・。注意書きを良く読んで、と書かれていました。

玉川温泉は日帰り、湯治客が泊まっている施設だけでもかなり広いのですが、付近一帯が岩盤になっています。日帰りの温泉から出ると、一帯を歩いて見学出来るように道が整備されています。温泉地内の自然の岩盤で行う温熱浴が「岩盤浴」と言われるようになったんですね。

s-角館、鶴の湯、玉川温泉 076.jpg

続きをどうぞ


秘湯へ・・・ [遊]

日帰りの旅の、続きです~。角館から、秘湯「鶴の湯」に向かいました。車で50分くらいで、乳頭温泉郷に・・・ここから山の中へ入っていきます。するとすぐに、「鶴の湯の入浴は3時で締め切らせていただきます」と書いた看板がすぐに見られたのです。時計を見ると2時50分、夫がわき目もふらず運転をしてくれました。前に来た時はぜんぜん舗装をしてなかったのですが、半分ぐらいまで舗装していたので何とか着きました。途中の景色もよかったのですが、時間が気になってじっくり見る事ができませんでした・・・残念!

駐車場は満杯です・・・夫は前にも来ているんで、入らないと言うのでゆっくり駐車。私と娘はいそいで温泉に、向かいました。

s-角館、鶴の湯、玉川温泉 075.jpg

ここが玄関と言っていいのか、入り口です。始め来た時は、かなりびっくり! まるで、水戸黄門でも出てきそうだと思ってしまいましたよ。

続きをどうぞ


タグ:秘湯 鶴の湯
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。